夏休み・お盆休み明けに転職を考えたことがある人は3人に1人、スタッフサービス・ホールディングス調べ

スタッフサービス・ホールディングスは8月9日、20代~40代の会社員 1000 名を対象とした「夏休みと転職に関する調査」の結果を発表した。 とくに夏休み・お盆休み明けのタイミングで転職を考えるか、会社に対する不満や仕事で振り回された経験やエピソードなどの項目を調査。3人に1人は、夏休み・お盆休み明けに転職を考えたことがあり、64.8%の人が会社に対して何らかの不満を感じているという実態が明らかに

電子書籍「外国人と働くために必要な3つのスキル」 まんまるeねっとが「転職鉄板ガイド」シリーズから

まんまるeねっと(埼玉県川口市)は、転職サイトの情報メディア「転職鉄板ガイド」シリーズから、電子書籍「外国人と働くために必要な3つのスキル:令和時代の海外就職」を、インターネット通販大手アマゾンの電子書店「キンドルストア」で発売した。価格は税込み99円。 日本人の中には「海外は怖い」「海外勤務はしたくない」という声が多いが、ビジネスのグローバル化が進む中、海外で働くことは珍しくなくなっている。企業

いまの会社を辞めて転職したい? やめたほうがいい、と佐藤優が言う理由

20年ほど前なら、真面目に働いていさえすれば、現在の生活も将来の展望もなんとかなるという見通しが立ちました。しかし、非正規労働者の増加、少子高齢化、年金制度に対する不安感などを引き合いに出すまでもなく、現在の状況が楽観視できるものでないことは火を見るより明らかです。だとすれば必然的に、「働き方」について改めて考えてみることが必要となるはず。働き方をめぐる問題を現実的にとらえ、解決の方策を見出す目を

若手社員5割超が「在籍1年未満」で転職を決意 – 理由は?

UZUZは8月2日、転職活動に関するアンケート調査の結果を発表した。調査は2月1日~6月30日、第二新卒(就業経験が3年以内)として転職活動中の20代男女642名を対象にキャリアカウンセリング時にアンケートを実施した。

はじめに、前職もしくは現職の業種を聞いたところ、「情報通信・インターネット業界」(11.8%)、「建設・不動産業界」(10.6%)、「医療・介護・美容業界」(9.5%)が上位に。

35歳以上の転職、面接で落ちる人の共通点

書類選考は通過するのに、面接でなかなか次のステップに進めないという人がいます。人当たりは決して悪くないし、自己分析もしっかりできているはず。それなのに一体なぜ? ベンチャーやスタートアップ企業の採用支援を中心に活躍するキープレイヤーズ代表の高野秀敏さんは、その原因は「ビジネスパーソンとしてのコミュケーションスキルの低さと準備不足にある」と言います――。

※写真はイメージです(写真=iStock

東京在住のミレニアル世代の4割が「地方への転職に興味あり」

なかなか解消されない東京への一極集中。そんな中、政府では、本社機能を地方に移転することの後押しや、地方への転職や起業をした個人に対して助成金を出すことにより、地方活性化を推し進めようとしている。
では、実際のところ、イマドキの社会人はどの程度、「地方への転職」に興味があるのだろうか?
今回、転職サービス 「doda (デューダ)」による20代~50代の全国のビジネスパーソン1,200人を対象にした

年収240万円から5,000万円! 転職・副業解説本をmotoが出版

扶桑社は8月9日、新刊『転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方』(税込1,512円)を発売する。

本書では図解を交えて「転職×副業」のキャリア構築術を解説。

「まず『会社にキャリアを用意してもらう』とか『給与はもらうもの』という従来の考え方は捨てましょう。これからのサラリーマンには『キャリアを自分で取りにいく』『個人で稼ぐ力を持つ』といった考え方が必要です。それが”本当の安定”につなが

小栗旬、新海監督に“転職”のススメ!?

俳優の小栗旬(36)らが29日、都内で行われたアニメ映画「天気の子」の大ヒット御礼舞台挨拶(あいさつ)に出席した。大ヒット作「君の名は。」以来、3年ぶりとなる新海誠監督(46)の最新作。天候調和が狂っていく時代に、運命に翻弄(ほんろう)される少年と少女が自らの生き方を選択する姿を描く。19日に公開してから、すでに観客動員300万人、興行収入40億円を突破した。小栗は反響も大きいと言い、「結構みんな

転職希望者側の有料の異色のキャリア相談サービス「そうだんドットミー」が始まる

自分が転職したい時、誰に相談するだろうか。
「偏りのない意見が欲しい」という人の要望に応えようと、新たなサービスが始まった。
有料相談でキャリアの棚卸しをサポート
転職支援サービスを運営するポジウィル株式会社(東京都渋谷区)は7月24日、オンライン相談サービス「そうだんドットミー」を正式に開始した。
このサービスは、求職者がスマートフォンやパソコンから匿名でキャリア相談ができる。相談時にもらえる情