転職するときに大損しがちな年金の注意点

転職を控えている人、キャリアプランの中に転職という選択肢がある、という人も少なくないでしょう。公的年金は働き方によって、また企業年金は企業によって異なり、転職すれば加入する年金の種類も変化します。どのような変化があるか、どんな手続きが必要かを具体的に見ていきましょう。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/ChristianChan)

厚生年金保険を継続か、国民年金に切り替えか

天才殺し屋、ターゲットに一目惚れしてボディガードへと転職「殺し屋Sのゆらぎ」

舟本絵理歌がゲッサン(小学館)で連載中の「殺し屋Sのゆらぎ」1巻が、本日6月12日に発売された。「殺し屋Sのゆらぎ」1巻「殺し屋Sのゆらぎ」は、幼少期から殺し屋として生きてきた“S”こと正太郎が、ターゲットである暴力団組長の1人娘・綺利に一目惚れしてしまうところから始まる。「君のために、何かしたい。」と考えていた正太郎は、ひょんなことから綺利のボディガードへと転職することに。毎日ドキドキが止まらな

転職活動中の会社員が企業に求めるもの、1位は?

ノースサンドはこのほど、「経営理念×やりがいに関する調査」に関する調査結果を明らかにした。同調査は5月10日~13日、20~40代の転職活動中の会社員200名を対象にインターネットで実施したもの。

会社に求めているものは何か尋ねたところ、最も多い回答は「会社・チームの雰囲気がよく一体感がある」(42.5%)だった。次いで「評価制度及び報酬が妥当である」(38.5%)、「仕事を通じて貢献感や自己成

外国人転職支援へ国の窓口一元化 「共生センター」新設へ

政府は10日、外国人労働者の受け入れ拡大に関する関係省庁会議を開き、外国人との共生を目指す「総合的対応策」の追加策をまとめた。新在留資格「特定技能」の外国人労働者が都市圏に集中しないように、地方の中小企業とハローワークの連携を支援するほか、外国人の転職などを後押しする国の「外国人共生センター」(仮称)の新設などが柱。近く関係閣僚会議で決定し、政府がまとめる経済財政運営の指針「骨太方針」に盛り込む。

「キャリアの棚卸し」40代の転職で聞かれる5つの質問

「キャリアの棚卸し」とは、いままでの仕事の経歴やスキル、実績などを書き出し整理整頓することです。40代の転職ではこのキャリアの棚卸しが重要で、自分の強みや自分の市場価値、仕事観、転職戦略を知ることができます。
■キャリアの棚卸しで考えたい5つの質問
キャリアの棚卸しをすることで、これまでに気付いていなかった自分のことが明確になってきます。転職においては、まず目標を定める必要があり、目標を定めるため

28歳・元自衛官が民間企業に転職したら後悔の嵐だった理由

今どき転職は珍しいことではないが、なかには仕事を辞めたことを後悔する人も多い。
 食品加工用の機器を製造するメーカーに勤めて4年になる池本純平さん(仮名・32歳)も「転職が間違いだったのでは?」と感じることがあるという。
◆28歳で自衛官から営業マンに
写真はイメージです(以下同じ) 「正直、民間企業ならどこでもいいやと深く考えず、給料の良さだけで決めてしまったんです。仕事は営業担当で表向きはノ

工務店や建築業界で働く若手社員1000人に聞いた「転職したい理由」

日本のモノづくりを支える街の工務店。しかし、工務店経営者にとって「人材不足」が深刻な悩みになっているという。
その原因はいったい、何なのだろうか?
そこで今回、工務店・建築業界に勤めている20代~30代の若手社員を対象にした「工務店で働くうえでの悩み」に関するアンケート調査が行われた。
半数近くが転職を考えていることが判明。業務のあり方が業界全体で問題に
工務店・建築業界で働く20代~30代の若手

35歳以上の転職で有利に働く教養は何か

転職を意識した時、「役立つ資格を何か取得しておくべきなのでは?」と考えたことはありませんか。ベンチャーやスタートアップ企業の採用支援を中心に活躍するキープレイヤーズ代表の高野秀敏さんは、「資格で転職ができるわけではない」と言い切ります。とくに35歳以上の転職で求められる資格より大事な能力とは――。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/SB)

転職に特別な資格は必要なし
責任ある

ミレニアル世代に募る社会への不信感、「転職希望者」も増加

ミレニアル世代は将来に幻滅している。そして、向こう2年以内に仕事を辞めたいと考える人は、この世代の49%に上るという。先ごろ発表された「2019年デロイト ミレニアル年次調査」によると、この世代は「伝統的な制度に幻滅しており、企業が事業を行う動機に懐疑的であり、経済と社会の発展に関して悲観的だ」。不安と悲観調査結果によれば、ミレニアル世代とZ世代は自分自身の人生とキャリア、そして世界について不安を

年収120万アップが最低ライン。未経験の業界でも、強気で転職交渉するための秘策とは

自分の可能性を知りたい。そう考えた時に思い浮かぶことの一つが「転職」ではないだろうか。もっと自分に合う会社があるのではないか。もっと年収を上げられるのではないか。もっとやりがいのある仕事があるのでは…。そんな悩みを受けて、一人の男が立ちあがった。男の名は、丸山アレクサンダー。丸山氏が、利害関係なしで読者のリアルなキャリア相談に乗れば悩みは解決されるのか?今回は、未経験の業界へ飛び込もうとしている女