芸人後悔するヒロシに有村架純が転職のススメ

ゲストのヒロシ(左)と舞台あいさつを行った有村架純女優有村架純(25)が13日、都内で、主演映画「コーヒーが冷めないうちに」(塚原あゆ子監督、21日公開)の舞台あいさつを行った。作品のテーマにちなみ、自身が後悔していることを聞かれると「20歳ぐらいの時に受けた映画のオーディションで、どうしたら監督が望む芝居ができるか分からず、最終的に号泣して帰った。もっと頑張ればよかった」と明かした。出席したお笑

ヒロシ 有村架純ちゃんに転職ススメられたとです

映画「コーヒーが冷めないうちに」をPRする有村架純。左はヒロシ=都内

 女優の有村架純(25)が13日、都内で行われた主演映画「コーヒーが冷めないうちに」(21日公開)のイベントに登場し、サプライズ出演したお笑い芸人・ヒロシ(46)に転職?を勧めた。 有村が劇中で演じたのは、ある席に座ると、望んだ時間に戻れるという不思議な喫茶店の店員役。この日も店員風のエプロン姿で登場した有村は、ヒロシに「芸人

エプロン姿の有村架純にグッ♪“一発屋”ヒロシにまさか転職の勧め

女優、有村架純(25)が13日、東京都内で行われた主演映画「コーヒーが冷めないうちに」(塚原あゆ子監督、21日公開)のイベントに出席した。
 劇中で喫茶店店員を演じた有村はエプロン姿で登場。物語にちなみ、観客から寄せられたさまざまな後悔に親身になってアドバイスを送った。
 ゲスト出演したお笑いタレント、ヒロシ(46)も「芸人になったことがいちばんの後悔。一発屋としてバカにされる存在です。どう立ち向

有村架純、ヒロシに転職のススメ!?「人生一度しかないんですよ」

女優の有村架純(25)とお笑い芸人のヒロシ(46)が13日、都内で映画「コーヒーが冷めないうちに」(21日公開)の“後悔を公開”イベントに出席。芸人になったことを後悔しているヒロシに有村が驚きのアドバイスを送った。

映画「コーヒーが冷めないうちに」イベントに出席した有村架純

 原作は同名の感涙のベストセラー小説。ある街のとある喫茶店「フニクリフニクラ」のある席に座ると望んだとおりの時間に戻る

10月から別の会社に転職する人必見!退職時のマナーをチェック!

転職といえば春先というイメージが強いですが、実は下半期に向けて採用を強化している企業も多く、10月に向けて採用案件が増える時期でもあります。それに合わせて転職活動をしている人もいると思いますが、いざ転職先が決まってもすぐに今の会社を辞められるわけではありません。円満ではない辞め方をしてしまうことで、同僚や上司に迷惑をかけるのは社会人として失格です。今回は、退職時のマナーをもう一度チェックしておきま

転職サイトに「口コミ」投稿→会社が怒って法廷闘争も…どこまで書き込んでいいの?

画像はイメージです社員や元社員からリアルな評判が書かれた転職口コミサイト。転職を考える際に見る人も多いと思いますが、その転職サイトへの書き込みを巡って、法的トラブルに発展するケースが増えています。
【おすすめ記事:バスの降車ボタンを押して「うっそでーすw」 小学生の「いたずら」は犯罪になる?】
こうした相談は、弁護士ドットコムにも複数寄せられています。
ある女性は、ハラスメントで離職した会社につい

妊娠中に転職しないでよ… 妻ががっかりした夫の最悪行動4選

(Tomwang112/iStock/Thinkstock)いつまでもお互いのことを尊敬して好きでいられる夫婦もいれば、愛想をつかして離婚してしまう人もいる。「こんなはずじゃ…」と、妻が夫にガッカリした瞬間を4つ紹介しよう。(1)妊娠中に転職「私が第一子妊娠中に、夫が会社を勝手に退職。やりたいことができて勉強したい、と年収が半分くらいの会社で働くことに。しかし『この会社ありえない。働きながら転職す

転職理由はさまざまあれど、「やりたいことがない」では話にならん!(大関暁夫)

40代半ばになる家内の甥Kくんが、転職を考えていると私のところにはじめて相談に来たのは3年半ほど前のことです。
その折に転職希望の理由を聞くと、
「今の会社の殊遇に不満がある」
「都内の嫁さんの実家の敷地内に引越しをする予定があり、勤務地をその近くに移したい」
「待望の子供が生まれて、学校にあがるまでにある程度名の通った企業に勤務したい」など、どれも40代半ばの転職に納得性を持たせるには貧弱なもの

西武の“背番号3”を引き継いだ男 森慎二さんの死の後に転職を決断する言葉

1996年当時、巨人へ移籍した清原和博氏から“背番号3”を受け継いだ玉野宏昌氏(40)が、7日放送のTBS「爆報!THE フライデー」(金曜後7・00)に出演。森慎二元西武投手コーチの急死を受け、人生が大きく転換したことを告白した。

西武時代の玉野氏

 玉野氏は96年にドラフト1位で西武に入団。空いた“背番号3”を継承した。しかし、プロの世界は甘くはなく、ほとんどが2軍暮らし。そんな玉野さん

昭和が過ぎ、平成も終わる今、「職業選択の自由」を勝ち得たのか? 転職CMから振り返る/「サラリーマン最終列車」#4

※写真はイメージです photo via ashinari テレビをつけてもSNSを開いてもタクシーに乗っても、人材情報サービスの広告に当たりまくる2018年、夏。もともと夏のボーナス時期は転職のピーク・シーズンで、加えて今や日本は高度経済成長期以来の空前の人手不足。厚生労働省が7月31日に発表した6月の有効求人倍率は44年ぶりの高水準らしい。

 こうした追い風を背景にして、僕が大好きだった「オ