ミレニアル世代に募る社会への不信感、「転職希望者」も増加

ミレニアル世代は将来に幻滅している。そして、向こう2年以内に仕事を辞めたいと考える人は、この世代の49%に上るという。先ごろ発表された「2019年デロイト ミレニアル年次調査」によると、この世代は「伝統的な制度に幻滅しており、企業が事業を行う動機に懐疑的であり、経済と社会の発展に関して悲観的だ」。不安と悲観調査結果によれば、ミレニアル世代とZ世代は自分自身の人生とキャリア、そして世界について不安を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です