転職で「実績アピール」を控えるべき理由

30代の転職者が増えている。背景にあるのは、「就職氷河期」に不本意な気持ちで入社し、大企業への転職を目指す動きだ。だが人事・戦略コンサルタントの松本利明氏は「同じような仕事内容で『強み』をアピールしても、転職はうまくいかない」と断言する。どうすればいいのか――。

※本稿は、松本利明『「いつでも転職できる」を武器にする』(KADOKAWA)の一部を再編集したものです。

※写真はイメージです(写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です