ブラック企業から超ホワイトな殺し屋に転職、若林稔弥「幸せカナコの殺し屋生活」1巻

「徒然チルドレン」の若林稔弥による「幸せカナコの殺し屋生活」の1巻が発売された。「幸せカナコの殺し屋生活」1巻本作はブラック会社を辞めた西野カナコが、殺し屋の転職面接に行ってしまうことから始まる4コマ。殺し屋だと知らなかったカナコは怖気付くが、そこは給料、労働時間、福利厚生すベて問題ない超ホワイト会社だった。入社テストを受けたところ、実は天性の殺しの才能を持っていたカナコ。「ぜひうちで働いて欲しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です