"全落ち就活生"が経営者に転職できたワケ

東京・新井薬師にある「しょぼい喫茶店」。就活に失敗した大学生が、「組織で働きたくない」という理由で立ち上げた店だ。経営の知識は一切なかったが、そのうち数多くのメディアに取り上げられる話題の店に成長した。ゆとり世代のゆるい起業家が考える「経営戦略」とは――。

※本稿は、池田達也『しょぼい喫茶店の本』(百万年書房)の第1章「僕は働きたくなかった」、第2章「100万円ください」、第6章「グルーヴはひと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です