坂東眞理子"私の還暦前転職成功の軌跡"

小さな認証保育所が、大学での「第一歩」
私は総理府に入省して34年間国家公務員を勤め、57歳で退官、女性文化研究所所長・大学院教授兼理事として昭和女子大学に転職しました。途中、埼玉県で副知事を務めたり、在豪州ブリスベン総領事を務めましたが、基本的には公務員であり、そこにしかアイデンティティはありませんでした。ですから大学へ来た当初はカルチャーショックばかりを感じていました。

昭和女子大学理事長兼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です