就活&転職面接、コミュ障の方でも絶対に受かってしまう“危険な面接攻略法”

●「面接」は精度の低い選考手法
 面接をせずに人を採用する会社はありません。むしろ面接は採用選考においてもっとも重視されている手法でしょう。ところが、近年の研究で、残念ながら面接は、ちゃんとトレーニングを積まなければ、SPIなどの適性検査や、インターンなどで実際に仕事をやってもらう「ワークサンプル」などと比較すると、妥当性の低い選考手法であることがわかってきました。私は人事コンサルタントとして企業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です