転職したら職場で孤立…デザイナーになる夢をかなえた30代男性の悲劇

「3年前に念願のアパレル業界に転職できたものの、仲間外れにされて孤独な日々でした」とがっくりと肩を落と庄司幸秀さん(仮名・38歳)。

「自分にも非があるから、ますます孤立したんです。後悔しても遅いですけど……」と語る彼。一体何があったのか。

◆憧れのデザイナーになれたのに…

写真はイメージです(以下同じ) 学生時代から絵が得意で、コツコツと好きな服のデザイン画を描いていた庄司さん。将来の夢

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です